本文へスキップ

工業英検3級の合格法を紹介します

トップページ > 工業英検3級の試験概要

工業英検3級の試験概要


勉強

出題内容・問題数
  1. 英文和訳・10問
  2. 和文英訳・10問
  3. 単語問題・4問
  4. 適語補充A・4問
  5. 適語補充B・8問
  6. 長文問題・4問
  7. 並び替え・6問
試験時間・試験形式

70分・全問マークシート方式

受験可能な人

誰でも受験可能

対応テキスト

合格率
  • 2013年度:45%
  • 2012年度:45%
  • 2011年度:42%

おそらく合格率が40〜50パーセントへなるように、試験問題は作成されています。

合格ライン

正答率60%以上

難易度

TOEIC400点、英検準2級レベル

対象

大学専門課程、工業高等専門学校上級学年、専修・専門・各種学校在学程度の工業英語の応用知識を有する者

審査基準
程度 工業英語の応用知識を有しているレベル
領域 読む
  1. 科学・技術に関する基本的な文章を読むことができる。
  2. 簡単な取扱説明書を読むことができる。
  3. 実験、生産工程に関する指示文、注意事項を読むことができる。
  4. 実験室、生産現場の掲示文、看板を読むことができる。
書く 科学技術の分野の基本的な単語に習熟し、簡単な説明文、操作指示文などを書くことができる。

申し込み方法
  1. 願書に検定料(郵便振替)を同封して、下記協会検定事務局に送付する
  2. 全国にある願書受付特約書店、大学生協で申込む
  3. コンビニ(セブンイレブン、ローソン、サークルK・サンクス)情報端末からお申し込む

試験日程

5月下旬、11月中旬。(東京・大阪・名古屋のみ7月・1月も開催)

願書受付期間
  1. 5月試験:3月1日より試験日の1ヶ月前まで
  2. 7月試験:6月1日より試験日の15日前まで(東京・大阪・名古屋のみ)
  3. 11月試験:9月1日より試験日の1ヶ月前まで
  4. 1月試験:12月1日より試験日の15日前まで(東京・大阪・名古屋のみ)

試験会場

各都道府県に1会場

受験料

4600円(税込み)

公式サイト

公益社団法人日本工業英語協会トップページ


スポンサードリンク